販促品のバカにできない宣伝効果

販促品って一体どんなもの?

<販促品とは>
「販促品」とは、その会社が扱う主力の商品や、新規に開発した商品、あるいは会社そのものを「知ってもらう」目的で、「不特定多数の人」をターゲットに無料で配布されるものを販促品と言います。
似たようなものに「ノベルティ」というものがありますが、こちらは「商品を購入してもらう」ために「狙ったターゲット」に向けて配るものなので、厳密に言うと違います。

<販促品の特徴>
タオル、ペンライト、ライター、ボールペンといった日用品に会社名や商品名が名入れされたものなど、一度は手にしたことがあるのではないでしょうか?
あるいは駅前などで通りかかる人にポケットティッシュや携帯うちわなどを無料で配っているのを見たことがあるかとおもいます。
そういった宣伝目的で無料で配られている日用品が販促品です。

なぜ宣伝元の会社の商品ではなく、普通の日用品が販促品として選ばれているのか不思議に思われるかもしれません。
しかしご紹介したとおり販促品は「不特定多数の人」に知ってもらうことが第一目的ですので、宣伝元となる会社の商品ではなくてもよいのです。
むしろ日常的に使ってもらい、手にした本人だけでなく周囲の人も含めてより多くの人に知ってもらえるような日用品のほうが、販促品としては適しているといえます。
逆に日用品であっても使用期間が限定されてしまうものや、賞味期限の存在する食品などは販促品には向いていないといわれています。

販促品を配る意味

様々な企業やお店が行う販促品を配る行動ですが、この販促品には二つのやり方があります。
結果的には自社の売り上げに繋げるものとなるのですが、ではその二つのやり方とはどのようなものでしょうか。

まずは新商品を知ってもらうためのことです。
新しい商品を売り出したいときに、出したからといって必ず売れるとは限りません。
新商品はお客様が警戒するものでもあるのです。
買っても効果がなかったらどうしよう、そのように考えてしまいます。
ですので、まずは無料でたくさんの方に配り使ってもらって口コミで広げてもらうのです。
口コミは最大のコマーシャルとも言われていますので。

そしてもうひとつは感謝の気持ちを表すための販促品です。
お世話になっているお客様にこれまでの感謝と、これからもよろしくお願いしますという意味を込めて送るものです。
これによりお店や企業の好感度も上がり、今後も継続して利用してもらうように促しているのです。
また印象をよくすると、それも口コミで広がりますので効果は見込めるのです。

主にはこのような意味を持っている販促品です。
販売促進のためにはとても直接的であるがゆえに効果も大きい方法です。
このような大盤振る舞いとも思えることにお客様も惹かれるのですね。

ニュース

2017/08/23
商品やサービスの認知度向上を更新しました。
2017/08/23
販売よりもまず来店が重要を更新しました。
2017/08/23
次の来店に繋げる販促品を更新しました。
2017/08/23
販促品のバカにできない宣伝効果を更新しました。